2016年01月26日

女子バレー「東洋の魔女」というキャッチコピー考察

東洋の魔女.jpg






おはようございます。
手術から1週間ちょっと経過しましたが、
まだあまり激しく運動はしてはいけないそうです。
正直階段もなるべくならば使わないように
しなければいけないとかで、
結構不便です。

私はたま〜にジョギングをするのですが、
しばらくは禁止ですね。
ストレス発散には最適なのですが、
我慢しなければなりません。



自分ではできないので、
スポーツに関するキャッチコピーを扱って
体を動かした気分になりましょうかね!



ジョギングのほかにも私が好きなスポーツに
「バレーボール」があります。
経験は「体育でやった」程度のものなのですが、
その割に結構うまくなったので好きなスポーツです。

テレビで試合をやっていると見ちゃいます。
日本で試合を行うことが多いので、
ゴールデンタイムに見れるのがありがたいですね。



今の日本バレー代表は少々苦しんでいるようですが
(女子は未だに大会で好成績を収めていますが)
数十年前の女子バレーはめちゃくちゃ強かった
と聞きます。
私が生まれるはるか前のことなので、直に見たことはないですが、
金メダルを取って当然というようなチームだったらしいですね!

その強さから当時の女子バレー日本代表には

東洋の魔女

というキャッチコピーがついていました。
魔女だなんてあまり好ましくない表現ですが、
そこには日本の強さに対する畏怖が込められています。

少し考察していきましょう。




まず「東洋の」という部分ですが、
ここは素直に日本がアジア、つまり
東洋に属する国だからということから
付けられたのでしょう。


また、この「東洋の」という表現は
後に続く「魔女」をより印象的にしています。
「魔女」はヨーロッパ、つまり西洋に伝わる
妖怪のようなものですよね。
本来東洋にはいないとされています。

「東洋の」をつけることで、
「本来いるはずのないところにいる」という表現が
出来上がります。「魔女」にとって「東洋」は
対極の存在。つまり対義語による良い違和感が
印象付けを強めているのです
(詳しくはコチラ)




次に「魔女」ですが、
魔女のイメージといえば、
「奇妙な魔法を使う」という
イメージがあるかと思います。

当時の女子バレー代表は、
天井近くまでサーブを打ち上げて相手をかく乱する
「天井サーブ」や、
力のある外国人選手のスパイクを
全身を使って力を分散させて受け止める
「回転レシーブ」
など、今までのバレー技術では考えられなかった
「妙技」を多数使いこなし、最強の座に上り詰めました。

海外の選手にとって日本のこれらの技はまさに
「奇妙な魔法」だったかと思います。
それら駆使する女子選手ということで、
「魔女」というキャッチコピーが付けられたのでしょう。





一応女性選手を「魔女」と言い換えていますが…
私は女性ではないのでわかりかねるのですが、
女性としては「魔女」って言われるのは
ちょっと嫌なんじゃないかなと思います。

まだ「魔法使い」の方がいい気がします。
当時は結構遠慮なしに付けちゃってますね。
憎いくらい日本が強かったということでしょうか?





昔の日本女子バレーは「チーム」として
キャッチコピーがついてました。
今の日本もついているのかな?
男子は「龍神ニッポン」なんて呼ばれていた気がします。

恐らく今はチーム以上に「個人」が注目されていて、
各選手にかっこいいキャッチコピーがついているのではないかなと思います。

「城壁を崩す破壊の右腕」
「空中の支配者」
「一撃必殺の大砲」

とかいうキャッチコピーがついていそうですね。
聞いたことないですけど、
こういうキャッチコピーはバレーの選手っぽいなと思いました。



私はよくテレビで試合を見るといっても、
ここ数年はがっちり見ていないので、
選手の名前とかどういうプレーをするのかとか
いまいちよく分かっていません(笑)

特に若い選手に関してはさっぱりで…
でも結構活躍している選手が若手で多いみたいですね!
今回を機に少しバレーの選手一人一人を
深く調べてみようかなと思います。

そして次はチーム全体ではなく、
各スポーツ選手個人に付けられたキャッチコピーについて
分析してみようかなと思います。

気になる選手などいらっしゃいましたら、
バレーボールに限らず、コメントいただければ
分析したいと思います。




バレーは一人でやるのは難しいので、
体が動くようになってもやるのは無理かな…
一人でボールポンポンしてるのも恥ずかしいですし。

たまにやると楽しいですよね!バレー!
しっかりネットを張ってバレーボール用意して
人数も6人対6人になるようになんて
準備しなくても、

2対2くらいでゴムボールでバレーするくらいが
初心者には一番楽しいと思います。

じゃあ体が万全に戻ったら
あと3人誘って…あれ…?


…友達欲しい…



当ブログへのお問合せは
下記のメールアドレスまでお願い致します。

testmonster210@gmail.com



○関連記事○

ドラゴンキラーに見る欲しくなるネーミング

オードリー若林のキャッチコピー「日本一アクティブなひきこもり」考察

「海のギャング」多過ぎ!

ONEPIECE バギー船長のキャッチコピー「千両道化」考察
posted by ジロギン at 06:16| Comment(0) | TrackBack(0) | コピーライティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

にほんブログ村
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。